即日融資で借りられるカードローンと銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い

カードローンと一言で言っても、さまざまな種類があります。
カードローンを選ぶポイントの一つが、金融機関の種類です。
カードローンは大別すると、銀行系と消費者金融系に分けられます。
ほかにも信販系のカードローンもあります。
銀行カードローンは抜群の知名度と信用の高さが一番のメリットといえます。

 

しかも金利は全体的に低いものが多く、融資限度額は高額のタイプも用意されています。
いっぽう消費者金融カードローンは、多様なサービスで顧客の獲得に努めています。
銀行カードローンと比較すると金利は多少高めですが、女性や学生に特化したタイプを提供するなど、幅広い層の支持を獲得しています。
銀行系と消費者金融系でもっとも大きな違いとなるのが、総量規制に関する点です。

 

総量規制というのは、消費者を借入トラブルから守るために施行された法律です。貸金業者である消費者金融はこの総量規制が適用されますが、銀行は対象外となります。
総量規制を受けると、借入している総額は自身の年収の1/3を上回ることができません。
借入できる金額も、申し込みの時点で限られてきます。

 

また自分が仕事で収入を得ていない専業主婦の人は、借入ができないということになります。
銀行カードローンは総量規制が適用されないため、無職の専業主婦でも申し込みが可能です。
一定額以内なら配偶者の同意書や収入証明書も提出不要なので、気軽に利用できると人気を呼んでいます。
消費者金融系も銀行系もスピード審査や手数料無料化など、カードローン会社ごとに特徴があります。
キャッシングの目的や希望額を考慮して、自分に合ったものを見つけましょう。

 

 

即日融資も可能!今すぐお金を借りたい方におすすめ