即日融資で借りられるカードローンのグレーゾーン金利と適正金利の違い

グレーゾーン金利と適正金利の違い

グレーゾーン金利という聞きなれない用語があるのをご存知でしょうか。
近年では過払い金の返還に関する話題も盛んですから、その中でもグレーゾーン金利という言葉がひんぱんに出てきます。
グレーゾーン金利というのは、利息制限法と出資法という2つの法律における上限金利の間に位置する部分の金利です。
2010年の貸金業法改正以前は、利息制限法では上限金利を15〜20%、出資法では上限金利を29.2%と定めていました。
貸金業者は二つの上限金利間で自由に金利を設定することができましたが、中には法外に高い金利で利用者を追い詰めるケースも多く社会問題となりました。

 

そこで2010年に一律で上限金利を20%に定めることとなったのです。
適正金利ではなくグレーゾーン金利のもとに返済を行っていた分の利息についてはすべて無効となり、過払い分として返還請求を行うことが可能になっています。

 

これは完済している借入れについても請求できます。
何年も前に借入れがあって上記のような金利に思い当たる人は、ぜひ一度確認されることをおすすめします。
特に10年以上経過していたり返済が長期化した借入れに関しては、非常に可能性が高くなります。
記憶が定かでなければ借入の契約書を見れば、そのときの適用金利が明記されています。
不明な点も含め、過払い請求の手続きはプロに相談するほうが安心といえます。
弁護士や司法書士などに任せて、確実に過払い金を取り戻すことが重要です。

 

 

即日融資も可能!今すぐお金を借りたい方におすすめ