即日融資で借りられるカードローンは無職でも借りられるか

無職でも借りられますか?

カードローンを利用できる条件の基本は、第一に仕事をしていて収入があることです。
お金を貸す側にすれば、貸したお金は当然回収しなければなりません。
カードローン会社がもっとも恐れているのは貸し倒れのリスクです。
きちんと返済してくれるという信用が持てる人物でないと、お金を貸すわけにはいかないのです。

 

このことからカードローンの利用には年齢や収入、定職についているなど、さまざまな条件をクリアする必要があります。
職に就いているという点がポイントになりますが、これは正社員でなくても大丈夫です。
月々安定した収入が見込めることが大切なので、アルバイトでもパートでも申し込みを受け付けてもらえます。
では無職の場合はカードローンでお金を借りることは不可能なのでしょうか。

 

実は中には無職でもカードローンを申し込めるケースがあります。
それは専業主婦の方が銀行系のカードローンを利用する場合です。
消費者金融や信販系のカードローンは、総量規制という法律が適用されています。
これは借り入れ額の総額を年収の3分の1までに制限し、個人消費者の借り入れ過ぎを抑制するためのものです。

 

つまり本人に収入がない専業主婦は借入れができないか、または配偶者の同意書などの条件つきとなります。
しかし銀行系のカードローンは総量規制の対象外なので、専業主婦でも申し込みが可能となっています。
利用申し込みには配偶者に一定の収入がある、という条件付きで、さらに限度額は大きくはありません。
しかしほとんどの場合一定額以下なら収入証明書および配偶者の同意書は不要であり、手軽に申込みできることから人気を集めています。

 

 

即日融資も可能!今すぐお金を借りたい方におすすめ