即日融資で借りられるカードローンと銀行カードローンと銀行系カードローンの違い

銀行カードローンと銀行系カードローンの違い

人気の銀行系カードローンですが、似たものに銀行カードローンがあります。
銀行系カードローンはキャッシング専用のカードが発行されて、いつでもどこでも必要に応じて借入ができます。
いっぽう銀行カードローンは、もともと銀行の普通預金口座を持っている人が、そのキャッシュカードにキャッシング機能を付随させて使用するものです。
新たにカードを発行してもらう手間もなく、スピーディに借入ができます。
もちろん口座を開設するときに、条件によっては最初からキャッシング機能付にできる場合もあります。

 

このような銀行カードローンも、キャッシング専用の銀行系カードローンも、金利の低さで人気を呼んでいます。
融資限度額ではキャッシング専用のカードローンのほうが幅が大きいことがほとんどです。
どちらにしろ、これらは銀行相手の借入れですので、貸金業法における総量規制が適用されません。
借入総額を年収の1/3までにする総量規制がないので、融資額の上限も高めに設定されています。

 

また同じ銀行に口座を持つ場合、カードローンの利用に応じて様々な優遇が与えられることもあります。
さらに銀行が提供するカードローンの最大のポイントの一つはその信頼です。
バックに銀行組織があるという安心感が人気の秘密といえます。
いっぽう、消費者金融系や信販系のカードローンは前述の総量規制の対象となりますので、利用額にも制限がかかります。
金利も銀行のものと比較するとやや高めですが、スピーディな審査や多様なサービス展開をメリットにして、顧客を獲得しています。

 

 

即日融資も可能!今すぐお金を借りたい方におすすめ